乱視があっても快適な見え方のメガネが作れます!

みなさんは乱視という言葉をご存知ですか?

 

乱視という言葉を聞いたことがあるものの、それがどんな状態なのかはイマイチわからないということはありませんか?

 

私たちも、お客様とお話をする中で乱視についてよく質問をいただくことがあるので、今回はこの場を借りて『乱視』についてご紹介していきます(^^♪

 

投稿の最後には乱視のある方にオススメレンズのご紹介もありますよ✨

 

☑乱視ってどんな状態?

通常目は外側から入ってきた光が角膜→瞳孔→水晶体→硝子体という順番で通り、その光は網膜により電気信号に変えて視神経を通り脳に伝えられることによって、私たちはものを見ています。

 

しかし、眼の屈折異常によって網膜上にキッチリとピントが合わない状態を近視、遠視、乱視などということがあります。

 

乱視とは目に入ってくる光が縦方向と横方向でピントの合う距離がそれぞれ違う状態のことです。

 

マス目状のものを見ていると、縦線と横線で見え方が違ったりということはありませんか?

 

☑ご家庭でできるかんたん乱視確認方法

前述した乱視ですが実はご家庭でかんたんに乱視の見え方を確認する方法があります。

 

新聞や小説など文字が印刷されているものを用意してください。

 

そのまま新聞や本を正しい方向で見たあと、今度は90度回転させて見てください。

 

もし、この時最初と後で文字の鮮明さに違いがあればそれは乱視が存在している可能性があります。(年齢によっては感じにくいこともあります)

 

この確認方法で縦と横の鮮明さの差が大きいと感じた場合は是非お近くのルネックスまでご相談ください(^^♪

 

☑乱視矯正が必要な方へおすすめレンズ

『ニコン・シーマックス』

シーマックス
出典:Nikon

ニコン・シーマックスは、お客様の視力とお選びいただいたフレームに合わせて、1枚いちまい設計・製造するカスタムメイドのメガネレンズです。出典:http://www.nikon-lenswear.jp/

 

従来のメガネレンズはどうしても光学性能が劣化した部分(主に端部分)が入ってしまうので、レンズの端でものを見たときにボケたりゆがんで見えたりします。

 

シーマックスはフレーム形状に合わせて光学性能が最適な部分のみでレンズが製作されるので、レンズ全域で光学性能が最適な状態になるため、レンズのどこを見てもボケたりゆがんだりすることがありません。

 

パソコンでエクセルを使っているときに罫線が見えづらいことはありませんか?

 

長時間運転をしていて目が疲れることはありませんか?

 

ニコン・シーマックスであればこのような悩みも解消されますよ(^^♪

 

近視や乱視の度数が強い方にとってもおすすめのレンズです❗

 

とっても自然な見え心地なので、コンタクトレンズからメガネに掛けかえを検討されている方にもおすすめですね✨

 

ルネックス全店で取り扱いございますので、この投稿を見て『ニコン・シーマックス』に興味を持たれた方がいましたら、ぜひお近くのルネックスまでお問い合わせください。

 

体感キットをご用意してお待ちしております(^^♪

【ラクラク】ホーム遠近両用メガネをお求めやすい価格でご提案

遠近両用 メガネ

最近、近くを見るためにメガネを外したり、掛けかえたりすることはありませんか?

 

人の眼はおおよそ40代頃からピント調節機能が少しづつ衰えてくるので、近くのものが見づらいと感じるようになります。

 

 

☑なぜ、近くのものが見づらくなるのか?

 

私たちの目には角膜や水晶体といったレンズが入っていて、特に水晶体は眼のピントを合わせるために大変重要な働きをしています。

 

水晶体の周りには毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉があり、この筋肉が伸びたり縮んだりすることによって水晶体の厚みを変えて、遠くや近くにピントを合わせるようになっているのです。

 

しかし、それが加齢によって水晶体の弾力が失われたり、毛様体筋が衰えたりすることによって近くのものが見えづらいと感じるようになるんですね(; ・`д・´)

 

そんな悩みを解決するために、メガネのルネックスより『ラクラク、ホーム遠近メガネ』のご提案です!

 

 

☑『ラクラク、ホーム遠近メガネ』

 

遠近,両用,メガネ,安い

 

普段、遠近両用レンズにて全てをまかなっているものの、室内でパソコン、スマホ、タブレット、TV&新聞を長時間見ていると眼が疲れるということはありませんか?

 

一般的にはパソコンの画面から発せられる光の反射などが眼精疲労の原因と思いがち(複合の場合もあり)ですが、実際は継続的に近くを見続けることによって起こる眼の調整疲労だったり、メガネ自体の矯正視力からくる調節疲労だったりすることもあるんです。

 

通常の遠近両用レンズだと、中間から手元を見るエリアが設計上どうしても狭くなりがちです。

 

その狭いエリアでパソコンやテレビを長時間見ようとすると、調整疲労が起こりやすくなるんですね(-_-;)

 

このような問題の改善策として、今回ルネックスではホーム遠近メガネをご提案いたします!

 

ルネックスがオススメするホーム遠近というものは、通常の遠近両用レンズと比べて主に中間を見るエリアが広く設計されたレンズのことです。

 

中間から手元を見るエリアが遠近両用と比べて広く設計されているので、手元が広く、見やすくなります。

 

遠近両用タイプをすでにお使いの方で、眼精疲労にお悩みという方や、室内用でメガネの購入をご検討中の方にぜひともオススメしたいレンズです(´∀`)9 ビシッ!

 

 

<フレーム+遠近両用レンズ>メガネ一式で大変お求めやすい価格になっておりますので、この投稿を見てホーム遠近に興味を持たれた方は是非、お近くのルネックスまでお問い合わせくださいませ(^^♪

この冬、ルネックスのホーム遠近で、お家でゆったり過ごしてみてはいかがですか?